保育士の仕事の適正

ピアノも必要

保育士として働くためには、ピアノも弾けるようにならないといけません。保育士資格取得の際に、ピアノなどの楽器も必須項目となりますので、出来る事から勉強をしておくようにしましょう。

ピアノのレベルは、決してプロレベルで有る必要はありません。ですが、ある程度楽譜をすぐに読めて、ある程度きちんと弾きこなせる能力が無いと、資格そのものの取得が難しいでしょう。ピアノは大人になってからでも、ある程度練習をすれば、すぐにマスターすることが出来ます。保育士資格取得向けの専門講座を設けているピアノ教室もありますので、必要に応じて受講すると良いでしょう。

ピアノは子供と歌を歌う時を始め、保育士として働く為には、何かと必要となる能力です。とても上手くなる必要はありませんが、ある程度弾きこなせないと、お子さんに笑われてしまう可能性があるでしょう。リトミック教育を始め、お子さんと音楽は近年特に、切っても切れない関係になりつつありますので、確実にマスターしておきたい技術です。

どんなにお子さんが好きでも、ピアノが出来ないと保育士としての適性が微妙と判断されてしまいますので、資格取得の際に並行して勉強する必要があるでしょう。