保育士の仕事の適正

広く見る視点が大事

保育士として働くときには、お子さんと同じ視点に立って、お子さんと一緒に楽しむ事が大切です。が、ただ夢中になって遊んでいるだけでは、保育士としてふさわしく無いため、注意をしないといけないでしょう。

保育士として働く為には、お子さんと楽しく遊びながらも、良く周りを見ておき、何か危険があったときにはすぐに対応出来るようにしておかないといけません。担当している子供を全員しっかりとチェックしておいて、万が一の事が起こらないように、きちんと誘導しておく必要が有ると言えるでしょう。

お子さんの年齢によっても異なりますが、道路沿いなどで遊ばせる場合は特に、少し目を離した隙に道路に飛び出すというようなお子さんも少なくありません。そうした危険事態を防ぐためにも、常に周りに目を配り、危険が無いようにしておくことが重要と言えるでしょう。保育士として働く為には、1にも2にも、視野を広く持つこと、周囲をチェックしておくことが大切です。

このように、保育士として働く為には、視野の広さも非常に重要なポイントとなりますので、ついつい夢中になる癖がある方は、その視野の狭さを直せるように努力しましょう。こうした努力も、保育士として働く為には重要な技術になります。